カリフォルニアにも源泉かけ流しの温泉があった! LAから車で行けるシカモア温泉リゾートをご紹介


日本人と言えば温泉好き!! 日本中の様々な場所に素敵な温泉施設、リゾートがありますよね。

こちらアメリカには温泉が少なく、また温泉に入浴するという習慣もあまりありません。残念ですよね。。。

けれど、なんとLAからドライブして行ける距離で温泉好きにはたまらない温泉リゾートがあります!!そこでは温泉だけでなく、色々なアクティビティも楽しめちゃいます♪カリフォルニアを訪れる機会がある方には是非行って頂きたい場所です。

そこで今回は、写真と動画でこのカリフォルニアを代表する温泉リゾートとその辺りで楽しめるスポット情報をお届けします。

■シカモア温泉ってどんなところ?まずは動画をチェック!

■カリフォルニア唯一の日本に似た温泉施設

最近はアメリカ人の中にも温泉が好きで、日本にわざわざ温泉目的で行く人が急増中ですよね。残念ながら、アメリカにはほとんど日本にあるような、素敵な温泉施設はありません。

けれど、カリフォルニア州のロサンゼルスとサンフランシスコの真ん中の辺りに、『Sycamore Mineral Springs Resort & Spa(シカモア ミネラル スプリングス リゾート)』という、日本の温泉施設とは違うものの、日本に少し似たようなリゾートがあります。アメリカには温泉施設がほとんどないので、アメリカ中の温泉好きの人たちがここに集まってきます。

LAからは車で約3時間半から4時間位で行ける場所(渋滞なしの場合)で、サンタバーバラからも比較的近い距離なのでサンタバーバラに寄り道するのもオススメです。

ここは歴史が古く、なんと100年以上も前からあります。石油を掘削している時に温泉が石油の代わりに湧き出た場所なんです。良質の温泉と好評ですよん。

リゾート(ホテル)の敷地はかなり広大で、客室は74室で値段はお部屋によって、またシーズンによっても全く違いますが、安い時は、一番安いお部屋で一日約200ドルくらいで宿泊可能です。

全客室にはバルコニーに専用の露天風呂が付いています。高級なお部屋には、ハリウッドセレブもお忍びで来ると言われています。

■客室内の専用露天風呂について

全客室に付いている、露天風呂はやはり日本のものとは全く違います。日本だと、ヒノキ風呂や岩風呂が当たり前な感じですが、ここはやっぱりアメリカ!! 普通にアメリカンなジャグジータブです。(笑)

客室に付いているバルコニーのタブの周りには高い塀が設置されているので、水着を着用しなくてもOKですが、アメリカでは裸で温泉に入る習慣があまりないので、友達とこういう場所を訪れる時は、部屋でも水着を着たりします。

客室内の露天風呂(ジャグジー温泉)は、お湯を一回一回自分で入れます。タブはお湯が入っていない状況です。源泉かけ流しです♪

お湯を入れるのは簡単で、源泉蛇口をひねると強烈な硫黄の臭いプンプンのお湯が出てきます。温泉~~って感じの臭いというより、硫黄!!!!!!! という感じです。

これは普通のお部屋特有の硫黄臭風呂なんだそうです。と言うのは、高級客室に泊まると、なんと部屋のお風呂で使われているのは温泉ではなく、普通の水!!

理由は、”硫黄の臭いに耐えられない!” と苦情を出すアメリカ人がいるんです。”硫黄の臭いが体に付いちゃうのイヤ~ダ” と言うなら、何故温泉施設に来るの? って日本人の感覚だと思っちゃいますよね。

高級スイートに泊まったら温泉ではなくて、普通の水。レギュラーのお部屋だと温泉水。日本だと考えられないですね~。 あはは。

石鹸やシャンプーは勿論タブの中では使えないので、体を洗うのは部屋の中にあるシャワーです。

一応自分の部屋とは言っても、”午後11時から翌朝の7時まで(サイレントタイム)の間は入浴しないで下さい”とフロントで言われます。

■宿泊しなくても、リゾートで大自然が楽しめる露天風呂に入れる!!

なんと、このリゾートに宿泊しなくても、1時間単位で貸切露天風呂が借りれます(予約制)。

客室とはまた別の建物(リゾート内)にあります。宿泊客でも、こちらを利用する場合は別途です。部屋よりも自然が楽しめるので、宿泊していても別料金を払ってこの貸切露天風呂を使用することがオススメです。

山の斜面に23個もの貸切露天風呂があります。露天風呂と言っても、こちらも岩や木のタブではないので、バスタブと言いますか、ジャグジータブみたいなものです。日本にあるような貸切風呂とは全然違うのですが、日本とは違った自然の景色を楽しめる感じです。

まずは、宿泊をしていてもしていなくても、この貸切露天風呂の建物の中にあるギフトショップ内の受付で料金を支払いします。そして、そこでそこの借りたバスタブの場所に行くための地図を頂きます。

それぞれ全てのバスタブには名前が付いています。階段を上り、場所によっては遠くて、地図を見ないと迷います。

自然の森林の中に溶け込んでいる造りで、小鳥のさえずり声などが聞こえます。

きちんとそれぞれ囲いがあり、周りからは見えないようには作られているものの、場所によっては少し見えてしまいそうな感じなので、一応水着着用をオススメします。

客室のバスタブとは違って、こちらは最初からお湯が入っています。こちらのお湯の香りはそんなに強くないです。少し硫黄の臭いがしますが、クセのあるものではありません。

365日年中無休で営業時間は午前8時から午前12時までです。

一人あたりの値段は(タブごとでなく、一人あたりの値段です)、
月曜日から木曜日 : 15ドル
金曜日から日曜日 : 20 ドル
タオル貸出は3ドルです。

毎回行くたびに値段が上がっています。
きっとこの施設が人気になって来たからですね~。

Sycamore Mineral Springs Resort & Spa

住所: 1215 Avila Beach Drive
San Luis Obispo, CA 93405
Website: https://www.sycamoresprings.com/

■Sycamore Mineral Springs Resort & Spa施設からハイキングそしてヨガ

シカモア温泉リゾートは山の中にあるので、この施設からハイキングコースが何個かあり、Avila Beachまで繋がっているものまであります。山を登って行くと、頂上からは綺麗なAvila Beach全体の景色が見渡せます。ハイキングも楽しいですが、自転車をレンタルしてサイクリングも新鮮な空気と大自然を感じながら出来て最高です。

また、ハイキングだけでなくこの施設ではヨガやピラティスのレッスンまでも受けられます。マッサージを受けられるスパ施設もあるので、早朝に起きて、ハイキングをして温泉に入り、ヨガをしてスパなんていうのもオススメなプランです。リラックスできてデトックスまでこの施設でできちゃいますね。

■Sycamore Mineral Springs Resort 付近で楽しめること

シカモア温泉リゾートの近くにはAvila Beachがあります。ここにはお洒落なカフェやレストランなどがあります。

Pismo Beachまでも近く、ここのPirate’s Coveのハイキングもオススメです。

Pismo Beach

このハイキングコースでビーチに下って行くと、ヌーディストビーチの看板があります。筆者は行ったことはありませんが(笑)

ヌーディストビーチの看板

この付近はワイナリー地域でもあるので、ワイン好きの方は温泉だけでなく、ワインも楽しめちゃいます。

ワイナリーが近いからか、シカモア温泉リゾート内には種類豊富なワインが置かれています。貸し切り露天風呂のギフトショップで購入可能で、なんとここで購入して露天風呂に持ち込み可能です。(グラスがNGなのでプラスチックのコップが頂けます)

また、このリゾートに行くならついでに、このリゾートから近くにある有名なシナモンロールを購入することがオススメです。

Old West Cinnamon Rolls

住所: 861 Dolliver Street
Pismo Beach, CA 93449
Website: https://oldwestcinnamonrolls.com

そして、シカモア温泉リゾート付近にはこのリゾート以外のホテルもたくさんあります。ただ、これらには温泉は付いていません。シカモア温泉リゾート付近に泊まって、シカモア温泉リゾートの貸切露天風呂を日帰りで利用するなんてこともできますね。

筆者は、シカモア温泉リゾート付近にあるホテルに泊まって、シカモア温泉リゾートとは少し違う景色を味わいながらお部屋でステーキなどを焼いたり、ビーチ付近のマーケットで購入したシーフードを調理して、部屋のジャグジーに入って、シカモア温泉リゾートの貸切温泉にLAに帰る前に寄るのも好きです。

いかがでしたか?

ここのシカモア温泉は、ロサンゼルスからもサンフランシスコからも車で行ける距離ですし、ビーチやワイナリーを楽しんで大自然を感じながら温泉、スパ、ハイキングやヨガなどアクティビティーも豊富なので、どんどん人気になってきました。

日本のような温泉とは少し違いますが、日本とは違った感じの温泉を体験してみたい方にはオススメの場所です。


Risa プロフィール:
LAをこよなく愛している型にはまらないタイプの自由奔放ガール。もう約人生の半分をLAで過ごしているので、LAのフード、素敵な場所、ローカル情報など全てLAのことなら何でもお任せください♪ 趣味は旅行、グルメツアー、ドライブで食べ物の為なら国関係なく何処でも飛んでいくタイプです。常に新しいことに挑戦することが大好きで、楽しいことを見つけてそれを仕事にして人生を謳歌することがモットーです。皆さまに、素敵な楽しいワクワクする情報をお届けできれば幸いです。宜しくお願いします!!

Risa’s VLOG「Risa’s “I do whatever I want and I get whatever I want” lifestyle in LA」記事一覧はこちら